Home » 牛たん » 牛タン定食というスタイルについて

tan_teisyoku

牛タン専門店ではさまざまな牛タン料理を提供していますが、どこのお店でも提供している定番メニューといえば牛タン定食ではないでしょうか。牛タン定食はメインの牛タン焼に、麦ごはん、とろろ、おしんこ、テールスープがついています。どこの牛タン専門店を見ても、このメニュー構成で提供されているところがほとんどなのです。

他の定食と比べてみても、牛タン定食は野菜などの量が少ないため一見栄養バランスが偏っているように見えるのですが、実はとても栄養バランスの優れている定食なのです。

まず牛タンですが、他の牛肉の部位と比べて脂肪分が多いのですが、その他の栄養分もたっぷりと含まれています。牛タンはその75%が脂肪分とかなり脂肪の量が多い部位ですが、ビタミンB2とナイアシンが多く含まれているのです。ビタミンB2とナイアシンは、脂肪の燃焼を促進してくれる成分ですから、たとえ牛タンの脂肪量が多くてもそれらのおかげで体に蓄積されにくいのです。

生食用食肉の規格基準と表示基準について|葛飾区公式サイト

また良質なたんぱく質も含まれていますし、各種ミネラル、ビタミンもバランスよく含まれていて、牛肉の部位の中でもヘルシーだと言えます。

さらに付け合せで出される麦ごはんですが、麦ごはんにもビタミンB群が豊富に含まれています。これは代謝機能を上げてくれる効果が期待できますので、ダイエットや美容に嬉しい効果をもたらしてくれます。またビタミンB群は代謝を活発にしてくれますので、疲労回復や滋養強壮の効果も期待できるのです。牛たんの善治郎

また麦飯には食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維は便の排泄を促してくれますので、便秘の解消に効果的です。さらに麦ごはんに合わせてたべるとろろですが、とろろにも、滋養強壮や代謝アップに効果的なビタミンB群が豊富に含まれています。

当日の様子 | 福井市ホームページ