Home » 牛たん » 日本で最初に牛タンを食べたのは?日本における牛タンの歴史。

gyutan
日本人はその体型からして、かつてから肉食をしていたのではないということが知られています。しかし、いつの間にか肉食の文化は一般的なものとして浸透しており、今では肉を食べることがいたって普通になっています。さて、そんな日本における肉食についてですが、肉食が一般的になったのはそれほど昔のことではなく、比較的最近のことであると考えていいでしょう。そのため、日本における牛タンの歴史についてもそれほど遠い昔のことではありません。

日本の牛肉を食べる文化は明治時代の文明開化の頃であると言われています。そのため、牛肉の一部である牛タンの歴史もまた、この文明開化の時代であると考えていいでしょう。しかし、牛タンは当初はそれほど食べられているような部位ではありませんでした。しかし、今の牛タンのメッカとも言われている仙台において、佐野という人物が牛タンの美味しさに着目して牛タンを提供する店を出したのが日本での牛タン文化の最初の一歩になったと言われています。
(参考:牛タン今昔物語

さて、この牛タンの歴史の上で、日本で最初に牛タンを食べたのは誰か?という質問については、今の所答えることはできません。というのも、本当に最初に牛タンを食べた人物というのは明確には特定できていないからです。ですが、日本で一番最初に牛タンの魅力に気づいたのは先ほども紹介した佐野という人物だといえるでしょう。そのため、無理矢理感がありますが佐野という人が日本で最初に牛タンを食べた人だとカウントしても良いかもしれません。

牛タンは単なる焼肉のメニューであると捉えられるかもしれませんが、その歴史を紐解いてみるとかなり深い背景が存在しています。このような背景があるため、牛タンを味わう前に一度歴史的なものについても学んでみると、その牛タンの味をさらに深く感じることができるかもしれません。ですので、一度皆さんも牛タンの歴史に触れてみるのも良いのではないでしょうか。